検索
  • 宮崎中央整体

坐骨神経痛

坐骨神経痛は臀部より下肢に激しい痛みがあります。

坐骨神経痛の原因で重要視しているのが腰椎椎間板ヘルニアです。他の原因で第五腰椎と仙骨部が硬く癒着関節炎など・・これなどを調整して行くと、ほとんどの、痛みも消失し、動きも軽やかになっていきます。こん人は低体温で血流が悪くなっていると思われるので食事を気をつけて行けば良くなって行きますね。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

最近、腰の痛みで来ているのに、最後に実は私はうつです、と言われる方が多いように思えます。 そんなに悩むものではないようにおもえます。薬を飲む前に試して見るといい事があると思います。身体のねじれを調整して行くと、呼吸が浅かったのが、凄く深く、すえるようになります。 胃の調子が悪く、腸、大腸は便秘になり、肺、心臓を含む内臓系のストレスが起きてきます。 自分では中々きずかない内に身体がだるい、眠れない、

のどの痛みがある場合は、両手の手首が硬いので、動くように、緩めていく、指先を軽く持ち上げて肘と手首の間ぐらいから、指先の方に、軽くさすりながら引いていく。 熱がある場合は、足の土踏まずが硬いので、緩めてあげる。仰向けにして、足を10cmぐらいあげて、内くるぶしの周囲が硬くなっているので,緩めてあげると左右差がなくなる、熱が下がる。喉を左右に軽く揺さぶるだけでもいい。

背中の左側に緊張がある場合は、仰向けにして、右足首を左側の膝上に乗せて、左足の踵を持ち上げて、左手で膝を軽く押さえて、左足を軽く引いた瞬間にポンと落とすと骨盤に反射が行く。左側の背中、肩の緊張が緩んでいく。