top of page
検索
  • 宮崎中央整体

背筋を緩める

背中の左側に緊張がある場合は、仰向けにして、右足首を左側の膝上に乗せて、左足の踵を持ち上げて、左手で膝を軽く押さえて、左足を軽く引いた瞬間にポンと落とすと骨盤に反射が行く。左側の背中、肩の緊張が緩んでいく。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

最近、良く眠れない・眠りが浅いので、朝起きるときは頭ががすっきりしない、身体まで、疲れが取れない、一日中やる気がない。 夜遅くまで起きて、本・テレビ・ゲームなどに集中してしまい、 興奮状態になり夜型生活から来る不眠など 身体の中の血管が硬くなり、 脳の血流が減少していると不眠なると言われている。 病気から来る不眠として体の不調 痛み・皮膚炎など、かゆみ・咳・頻尿・アルコール依存症・薬の副作用・睡眠

私たちの身体は、ストレスにさらされると、筋肉が硬直すると言われている。 特に収縮によって右側の骨盤が上に歪む言われているので これにより骨盤の中にある内臓、膀胱・直腸・生殖器及び大腰筋の環境が悪くなる ことがあり、さらにゆがみが進むと鎖骨が歪み鎖骨下動脈が圧迫され ホルモンバランスも乱れる。 胸肋関節が癒着し肺腺の血液が低下してリンパ球に及ぼすことで 老廃物の処理がうまくできず新陳代謝が低下して行

患者さんは不調の原因は 例・(首と肩との間の痛み) 何だろうと心配になり、医者はデーターに問題がないので、釈然としない、どうしてか分からなくなる。 原因が分かれば治療の仕方があると思います。 病院を転々として行くうちに、精神科を進められたりする。 原因不明というグレーゾーンには、判断がつかないケースが多い。 本来すべての病気は (自分自身で作り出したものである)ことを忘れてはいけない。 自分で作り

bottom of page