検索
  • 宮崎中央整体

腰の痛み・方の痛み・しびれ

高岡町  男性  86歳

今回は娘さんが来ていただいております。

お父さんを連れていただきました。

いつも足を組んでいるそうです

なぜ足を組むのですか?

これが一番座り良いからと言われて腰を検査してみると腸骨幅が左右差があり、

お尻の高さも有ります。これを調整すると腰が楽になったみたいです。

肩の痛みとシビレは肩甲骨(烏口突起)を動かして鎖骨・橈骨・調整することで痛み・しびれが取れました。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

首から指先まで、痺れがあり、腕も上げられない状態です。まずどこから、調整をする事がいいのか、考えながら、行っていますが、難しいですね。一番は腰の調整、二番目は足の調整、三番は首の調整、四番目は、肩から手の先まで調整を行います。ここで注意したいのが腕の橈骨と尺骨の腕側と手首側の骨の間隔が問題点になる事と思います。胸椎一番から四番五番ごろまでの調整して行くとシビレ間が無くなります。最後に手首から指先ま

最近、腰の痛みで来ているのに、最後に実は私はうつです、と言われる方が多いように思えます。 そんなに悩むものではないようにおもえます。薬を飲む前に試して見るといい事があると思います。身体のねじれを調整して行くと、呼吸が浅かったのが、凄く深く、すえるようになります。 胃の調子が悪く、腸、大腸は便秘になり、肺、心臓を含む内臓系のストレスが起きてきます。 自分では中々きずかない内に身体がだるい、眠れない、

のどの痛みがある場合は、両手の手首が硬いので、動くように、緩めていく、指先を軽く持ち上げて肘と手首の間ぐらいから、指先の方に、軽くさすりながら引いていく。 熱がある場合は、足の土踏まずが硬いので、緩めてあげる。仰向けにして、足を10cmぐらいあげて、内くるぶしの周囲が硬くなっているので,緩めてあげると左右差がなくなる、熱が下がる。喉を左右に軽く揺さぶるだけでもいい。